FARDZI636

日々の日記や野尻湖・桧原湖のスモールマウスバス釣果情報などをお伝えします

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長野・野尻湖チャプター第3戦 番外編

それでは、前回最後に記載したとおり公開します。



と言っても大したことではないのですが…



試合後、偉そうなことを言うつもりはないのですが、「俺もライトキャロやってたのに釣れなかった…」とか、「何故あの人はいつもライトキャロで釣るのか?」って疑問視している方もいらっしゃるようで…


また、実際、そのようなお声も耳にするので…



百聞は一見に如かず‼



ってことで、今回私がどのようにして釣ったのかを動画で公開します。



一言で言うなら、「引く」キャロではなく「落とす」キャロ



(ベールを上げているのは43秒付近)

キャスト後、ベールは上げずにフォール開始!
シンカーをキャスト地点で真下に落とす感じで少しフォールさせ、ラインが水を噛むタイミングでロッドを煽ってスプールからラインを出します。ロッドでルアーを引いているようにも見えますが、ラインを出しています。

上目線の魚に対して真下に落とす!沈む虫パターンとでも言いましょうか… (今回4位の桜井さんの使用ルアーも虫系のヤゴーン。虫シルエットが効いたのでしょうか?)



プレッシャーをかけない距離を取るためにエレキで風と喧嘩しない方向にボートポジションを取り、ロッドでたるんだラインを軽くメンディング(たるませ過ぎてもNGです)
ここでようやくベールを返して待機です。



しばらく放置してバイトがなければピックアップして次のスポットへキャスト!



(図のような順番でキャストすることは私なりに考えあってのこと。縦横無尽にやや中層を彷徨く魚は様々なレンジにいる!?)



なぜ中層を狙うのにアンダーショットではなくライトキャロなのか!? もちろんそれにも私なりの理由があります!



その他、ルアーやシンカーの重さの使い分けやリーダーの長さ、ドラッキングや巻きキャロ、斜め切りやリフト&フォール… その他色々と… ライトキャロライナリグも釣り方によっては様々なアクションを出せます。



だから、私は多用するのです。



書ききれないので今日はこの辺で…



次戦も上手くアジャストできるように頑張りますよん!!



スポンサーサイト

| Tournament Reports | 22:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長野・野尻湖チャプター第3戦 本番編




空けて本番当日…



フライトは遅かったが一番熱いエリア!? 島南東のブレイクに一番乗り!



後はライトキャロライナリグをひたすら落とす‼



もう一度敢えて言います!



「引く」ではなく「落とす‼」のです。今戦はこのメソッドが良かったような気がします。



実際、優勝の太田さんや3位の西條さんもアンダーショットのシューティングやフットボールジグのフォールと真下に落とすメソッドです。






落として暫く放置… その繰り返しです。






・島南東で朝一番に800g,850gと2本連続キャッチ
・10時30分 樅ヶ崎左のストレッチで950gでリミットメイク



(BFシュリンプも使用)






その後もRun & Gunし800gを微妙な入れ替えをして終了となりました。










結果は2,674gで準優勝






釣れなかった前日プラクティスから考えれば自分でも驚きの嬉しい結果となりました。
朝一番の時合いで釣れたラッキー感もありますが、自分なりに前日と変化を付けたことも大きかったように思います。



サポートしていただいている株式会社ティムコ様、シースピリット一番館様、応援してくださる方々にこの場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました。



※次回は今戦のメソット… 少し公開したいと思います。

| Tournament Reports | 20:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長野・野尻湖チャプター第3戦 プラクティス2

プラクティスでの感触をまとめてみると…(あくまでも私の感触ね)



①シャローはなし‼
②岩系のバンクは難易度が高い‼
③フラットの魚は大~小まで。ワカサギに付いて移動しているようだが、ベイトが豊富過ぎて難易度高い‼ 時合いに入れば釣れる?
④虫を補食したいバスは縦横と3Dで動く?ミドル~ディープまでのエリアで魚のレンジも様々。ボトムには付かない。そしてサイズが良い‼




(プラクティスでチェックしたエリア)

「◎」は本命
「◯」はまずまず
「△」は風向きや時合い次第!? 大場所ゆえに火を吹くかも!?
「×」はやらない
「!」は前日プラクティスに入らなかったが虫パターンエリアゆえにマーク



で、私が狙うは④の魚!狙うは島南東、松ヶ崎左、樅ヶ崎左



では、④の魚を獲るには…!?


・エリアは赤土系のバンクやブレイク
・浮き過ぎているのは難易度高過ぎるのでボトムよりやや浮き(1~2mぐらい浮いている)が狙いやすい
・魚は表層を意識?上目線である!?
・ベイトが多いとダメ!単発でふらふらしてそうなのが良い!?



では、どんなリグで狙うのか?と言うよりかはどんな釣り方が良いのか?



ライトキャロライナリグのフリーフォール… いつものとは違う引き方…



って言うよりか「引いてはダメ!」のライトキャロライナリグ



これで勝負かな!?



狙うレンジは6~12m



本命のメソッドが決まればあとはバックアップパターン…






リアクションの要素も加味してキャロシャッドも準備して本番を迎えるのでした。


(つづく…)


| Tournament Reports | 09:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長野・野尻湖チャプター第3戦 プラクティス

桧原湖戦のレポートもUPしてないのに先週末の野尻湖戦のレポートを先に…



まずは、前日プラクティスから…



湖全域をチェック!



キャンプ場近辺のどシャローから12mのディープまで魚探掛けを敢行。



10時頃から流石に魚に触りたくなり、かなり本気で釣りしてみるも13時過ぎまでまさかのノーフィッシュ(-_-;)



かなり焦りましたが、13時過ぎからなんとか2本キャッチして終了!



花火大会の警備もあるので14時過ぎにボートを上げてプラクティスは終了となりました。



写真が無いのは写真を撮る余裕もないぐらい焦った!ってこと…



ただ…



プラクティス終了間際に入った島南東のブレイク…



魚探の画像を見る限りかなり「熱い‼」感じ…



釣れないことも大事なプラクティス!逆に中途半端に釣れるほうが迷いが生じるだけ!






花火を眺めながらプランを立てた土曜日の夜でした…



野尻湖で突如釣れなくなるのはいつもの事!



「思い出は引きずらない‼」



「釣れなかったら違うことに挑む勇気を持つこと」



私の野尻湖でのライトキャロ… いつもとちょっと違うライトキャロならイケるかな!?



そんな妄想を描いて本番を迎えるのでした



(つづく…)

| Tournament Reports | 22:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

買い物

Goproのバッテリーは長時間録画が不可能。



前戦では終了間際ってこともあり、肝心のヒットシーンはもちろん映っておらず…





なので外付けバッテリー仕様を試みようと…



そして、1kg秤がぶっ壊れたので…





電子秤を購入!



さぁ!週末はいよいよ桧原湖連戦です。


| 日々の日記 | 08:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。